​Quality Control

​品質を追求する情熱と徹底した衛生管理が「安心・安全」の原点です。

​高まる食に対する安全志向…その要求を満たす基盤は、高度な品質、衛生のシステムの継続的な取り組みに他なりません。

「安全・安心」を追求し徹底した自主衛生、

品質管理を実施。食品衛生法に基づく微生物検査、理化学分析はもとより、専門検査官により人間の感覚による異味・異臭等を検査する官能検査を行い、あらゆる角度から健全で安全、かつ良質な製品をつくりだしております。

​丸菱食品は国際規格のISO9001の認証取得をはじめ、HACCPシステム構築で厚生労働省の総合衛生管理製造過程の承認を受けるとともに、国際的で新たな食品安全規格であるFSSC22000認証を取得。食品安全への

積極的な取り組みを続けております。

​ISOは、「品質マネジメントシステム」として国際標準化機構が制定した国際規格であり、食品製造業界においても認証の取得が標準化され、企業経営の指標となっています。当社は、いち早くISOシステムを導入して、「継続的な改善活動に取り組み、製品の品質向上と顧客に満足していただける製品を提供しています。

​丸菱食品は国際規格のISO9001の認証取得をはじめ、HACCPシステム構築で厚生労働省の総合衛生管理製造過程の承認を受けるとともに、国際的で新たな食品安全規格であるFSSC22000認証を取得。食品安全への積極的な取り組みを続けております。

FSSC22000は、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO22000と、それを発展させたISO/TS 22002-1(食品製造の為の一般仕様書)を統合し、国際食品安全イニシアチブ(GFSI)が制定した食品安全規格の新スキームです。食品安全のハザードとなり得る内的要因はもちろん、外的要因に関してもきっちり管理することで、食品安全のリスクを限りなく減少させるシステムの為、注目を浴びています。

当社では、HACCPやISO22000を含み食品の包括的かつ国際的な食品安全規格であるFSSC22000の認証を取得しており、グローバル企業に対しても食品安全システムで対応可能な体制を整えています。